• ブログのトップ
  • はじめに
  • 英語表現一覧
  • プロフィール
  • お問い合わせ

【イラスト英語】brownnose(〜にお世辞を言う;〜にこびへつらう)

2011.03.27 Sunday
i0086.jpg

今日ご紹介する英語表現は、brownnose(〜にお世辞を言う;〜にこびへつらう)です。

文字通りの意味は、「茶色の鼻」ですね。

一体どうして、「茶色の鼻」がお世辞・こびに関わってくるのでしょうか?

Merriam-Webster Online Dictionary に語源解説がありましたので、ご紹介しますね。
Origin of brownnose
from the implication that servility is equivalent to having one's nose in the anus of the person from whom advancement is sought


[語彙補足]
*servility【名】奴隷根性
*anus【名】肛門
*advancement【名】出世、昇進

つまり、出世などのカギを握る人物(例:上司など)の肛門に鼻をつけるぐらいの奴隷根性・・・との含みから来ているそうです。

また、アルク英辞郎のbrownnose の項目にも語源解説がなされていたので、ご紹介します。
 
1930年代から使われるようになった言葉で、18世紀のass-kisserなどの連想、つまり(人)の尻にキスをして鼻にウンチがついて茶色になると考えたことから。しかし、語源から想像されるほどの卑語または俗語ではない。
出典:http://eow.alc.co.jp/brownnose/UTF-8/

では、どのような例文で使われるのでしょうか?

Merriam Webster's Learner's Dictionary では、
動】informal + disapproving
to try to get the approval of (an important or powerful person) by praise

例:He has been brownnosing everyone in the company just to get a bigger office.
(彼はより大きなオフィスをもらうがために、会社のみんなにおべっかを言ってきた)
・・・と紹介していました。

また、Cambridge Dictionary Online では、
【動】to try too hard to please someone, especially someone in a position of hority, in a way that other people find unpleasant
例:The rest of the class were sick of watching him brown-nose.
(彼がおべっかを使っているのを見て、クラスのみんなはウンザリした)
*この例文のように、brown-nose とハイフンが使われるケースもあります。

いずれも、ネガティブな文脈で使われていますね。

では、英語圏のメディアではどのように使われているのでしょうか?

一例ですが、Gizmodo Australia の "Steve Jobs Was Denied A Knighthood By UK Government"(2011年3月1日記事)の中で出てきています。
 

"The news has only just come out today, after a former Labour Party politician spilled the beans to The Telegraph, saying they tried to recruit him to speak at the party’s annual conference, but Jobs either wasn’t keen to align himself with a political party – a UK one at that – or just didn’t have time to brown-nose with then-Prime Minister, Gordon Brown."

出典:http://www.gizmodo.com.au/2011/03/steve-jobs-was-denied-a-knighthood-by-uk-government/


ここでは、「(ジョブズは)当時の首相ゴードン・ブラウンに追従している時間はなかった」という内容で使われています。

*Gizmodo(ギズモード)とはIT系ニュースブログで、この記事はオーストラリア版です。日本版もあります。→ http://www.gizmodo.jp/

日本だと、お世辞を言う人のことを、「あの人、ゴマすってるよ」と言ったりしますね。

【番外編】

先日、Twitterでフォローしてくださった方から、TOEIC990点獲得のプロセスについてお問い合わせがありました。140字の文字制限があるTwitterできちんとお伝えすることがむずかしく、ブログ記事「TOEIC990点獲得は通過点」としてまとめました。ブログ開設以来、一番長い記事になりましたが、少しでもお役に立つ箇所があれば嬉しいです。

http://blog.gallery.vc/?eid=97


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

英語学習にもおすすめ

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

最近の記事.gif

カテゴリー

月別アーカイブ

運営メルマガ

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

味わい深い映画のセリフを素材に、英文法をわかりやすく解説します。1年(365日)完結型のメール講座(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

『CNN ENGLISH EXPRESS』
(朝日出版社)
イディオム特集で
記事執筆を担当しました。

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲