• ブログのトップ
  • はじめに
  • 英語表現一覧
  • プロフィール
  • お問い合わせ

【イラスト英語】keep one's chin up(元気を出す)

2011.01.02 Sunday
i0075.jpg

今日ご紹介する英語表現は、keep one's chin up(元気を出す)です。

chin は、名詞で「あご先;下あご」という意味です。つまり、直訳すると「あご先を上げておく」ですね。

*chinは「あご先」であるのに対し、jawは「あご(全体)」です。

Merriam Webster's Learner's Dictionary では、
to stay cheerful and hopeful during difficult times

例1:He's still keeping his chin up despite all his health problems.
(いろいろ健康に問題を抱えているにもかかわらず、彼は元気を失っていない)
例2:(Keep your) chin up! Everything will work out for the best.
(がんばって!万事うまくいくよ)
・・・と紹介していました。
出典:http://www.learnersdictionary.com/search/chin

では、海外メディアで、このkeep one's chin up はどのように使われているのでしょうか。

たとえば、Forbesのブログ記事"Lessons from the Goldman trading trial"(2010年12月6日)の最終段落で、keep one's chin up が使われていました!
 

"No matter what you’ve done or been accused of doing, keep your chin up on the web."
(これまでしてきたこと、もしくは非難されてきたことにかかわらず、ウェブではくよくよしないことだ)


出典:http://blogs.forbes.com/emilylambert/2010/12/06/lessons-from-the-goldman-trading-trial/

新年の幕開けにふさわしい、元気になるような英語表現を選んでみました♪この英語表現を見ると、坂本九さんの名曲「上を向いて歩こう」を思い出します。

【近況報告】
新年あけましておめでとうございます。皆様はどんなお正月をお過ごしでしょうか。

私はさっそく書店(紀伊國屋書店)と映画館に行って、本と映画を楽しんできました。やはり、私にとっては書店と映画館が一番ワクワクする場所なのだと感じた元日でした!

さて、2011年は新しい試みをいろいろとしてみたいなと考えているのですが、その第1弾が、ブログ「1日1枚、写真で学ぶ英語表現」の独自ドメインへの移行です。

20110102ny.jpg

2008年より2年間続けてきたブログなのですが、今後も末長く運営していくため、2011年元日より独自ドメイン(http://blog.gallery.vc/)に移行しました。

*2008〜2010年の過去ログは、ココログブログ(http://seattle-lover.cocolog-nifty.com/blog/)で大事に保存しておきます。

2011年は本ブログ「イラストで学ぶ!英語表現」も引き続き大事に&楽しく更新していきたいと考えています。今年もお楽しみいただければ幸いです。


コメント
こんにちは。このフレーズを見て、Andy Grammer の"Keep Your Head Up"という曲を思い出しました。元気が出る曲なので好きなんです。
http://www.youtube.com/watch?v=LJqrNh6mIqI&feature=related

"keep one's head up"で調べると、"Being or feeling proud."とありましたが、これもcommon idiomなのでしょうか?
  • Chie
  • 2011/11/03 11:37 AM
Chieさん、こんばんは。この3日間自宅を不在にしており、返信が遅くなってしまい、すみませんでした!(先ほど帰宅しました)

Andy Grammerのことを初めて知りました。YouTubeの動画、教えてくださって、ありがとうございます。

調べてみて初めて知ったのですが、マイケル・ジャクソンの曲にも、同名の"Keep Your Head Up" があるのですね。
→YouTube http://www.youtube.com/watch?v=aRtOJTo8GT8
*歌詞の中では、"keep your head up to the sky" と出てきています。

ご質問の件ですが、どんな英英辞書にも必ず掲載されているような、普及した表現ではないかと思います。"keep one's head up"に関しては、英語ネイティブの人の間でも、どんな意味なのか議論がなされていました。たとえば、次の英語圏サイトをご覧いただくと、さまざまな意見交換がなされています。

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=247906
出典
Wordreference.com

http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20100613090308AAVdgtZ
出典
Yahoo! Answers / What do people mean when the say "Keep your head up"?の項目

ただし、英語メディアでは、この表現は実際に使われています。たとえば、キャリア相談のコーナーで、相談者(アメリカの大学に在学する人)に対して、アドバイザーは助言の最後に"Good luck, and keep your head up."と締めくくっています。

http://goingconcern.com/2011/11/youve-been-denied-by-the-big-4-what-next/ 
出典
Going Concern / You've Been Denied by the Big 4. What Next?

ここでは「励ましの言葉」として使っていますよね。

これ以外にも、"keep your head up" でGoogle/ニュース検索なさると、さまざまなメディア記事での用例が見つかります。

以上のことから、各種辞書などに必ず載るような定番表現ではないけれども、現在、メディアも含めて実際に使われている表現だとはいえると思います。

*また、別件ですがご参考までに・・・headとup両方を使った表現で、英語ネイティブの人が使っているのを目の前で聞いたことがあるのは、heads-upを使ったものでした。それは、"Thanks for the heads-up."(知らせてくれてありがとう)です。ここでのheads-upは名詞で、「事前通知」や「警告」の意味合いがあります。(このheads-upはブログで将来取りあげようと思っています)
  • 岩崎清華
  • 2011/11/06 12:44 AM
さやかさん、いろいろと調べていただいてありがとうございました。英語ってmetaphorとかの比喩表現が日本語より多い気がします。文化や流行などの背景を知らないと時々意味が掴めない時があったり。

紹介していただいたリンクの中にも一種のmetaphorだというコメントもあったので、もともとはそういうのが始まりだったのかもしれませんね。個人的には、あごを上げるより頭を上げる仕草の方が、「前向きに」なれるイメージがしやすいですw。

heads-upは知りませんでした。ただ、以前事務職をやっていたとき、文書の一番上に来る部分をヘッダーと呼んでいました。推測ですがもしかしてそれと関連が・・・?
  • Chie
  • 2011/11/06 2:42 PM
Chieさん、こんばんは。メッセージをありがとうございます。

確かに、私も「頭を上げる」ほうが、「あごを上げる」よりも、しっくり来ます。(^^ゞ日本文化と英語圏文化の違いを感じる表現ですよね。

heads-upは、おそらく文書ヘッダーとは関連はないかと存じます。この表現の語源についても、英語圏でいろいろな議論がなされています。

たとえば、次のようなサイトです。
Where did the idiom "giving a heads up" come from?
出典
http://english.stackexchange.com/questions/17981/where-did-the-idiom-giving-a-heads-up-come-from

もしイディオムの語源に興味を持たれた場合は、調べたいイディオムを" "(半角クォーテーションマーク)で囲み、originやetymology(語源)といった英単語と併せて検索すると、いろいろな英語圏の議論を見ることができるので、便利かと思います。
  • 岩崎清華
  • 2011/11/06 11:02 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

英語学習にもおすすめ

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

最近の記事.gif

カテゴリー

月別アーカイブ

運営メルマガ

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

味わい深い映画のセリフを素材に、英文法をわかりやすく解説します。1年(365日)完結型のメール講座(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

『CNN ENGLISH EXPRESS』
(朝日出版社)
イディオム特集で
記事執筆を担当しました。

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲