• ブログのトップ
  • はじめに
  • 英語表現一覧
  • プロフィール
  • お問い合わせ

【イラスト英語】keep ... under one's hat(〜を秘密にしておく)

2016.04.30 Saturday
i0214.jpg

今日ご紹介する英語表現は、keep ... under one's hat(〜を秘密にしておく)です。

文字通りの意味は、「〜を帽子の下にしまっておく」ですね。

この表現が出てきたのは、スティーヴ・カレル主演の映画 Date Night(2010年/邦題:デート&ナイト)を見ていたときのこと。



マーク・ラファロ演じる、友人(ブラッド)のセリフです。
 

Just please keep it under your hat until next week.


「帽子の下にしまっておく…?」

調べてみたら、「〜を秘密にしておく」という意味のイディオムだったのです。

確かに、帽子の下にしまっておいたら、外からは見えませんよね。

-----------------------------------------------------

Merriam-Webster's Learner's Dictionary では keep (something) under your hat の項目で
to keep (something) secret; to not tell anyone about (something)
例:I'll tell you what happened, but you have to keep it under your hat.
(何か起こったか教えるけど、誰にも言ったらだめだよ)
と紹介していました。

では、英語圏のメディアでは、どのように使われているでしょうか。一つ、例をご紹介します。

-----------------------------------------------------

【例】BBC News

Preston author Andrew Michael Hurley scoops Costa prize
(出典:BBC News / 2016年1月5日のオンライン記事)

コスタ賞(Costa Book Awards)の First Novel Award を受賞した、Andrew Michael Hurley という作家についての記事です。

*コスタ賞:イギリスの文学賞。記事に出てくる Andrew Michael Hurley は、下記の The Loney という作品で受賞しました。



さて、今回の受賞について、彼は次のように発言しています。
 

"I found out a couple of weeks ago and had to keep it under my hat over Christmas and new year."
(2〜3週間前に知りましたが、クリスマスから年始にかけて秘密にしておかなければなりませんでした)


had to keep it under my hat(秘密にしておかなければならなかった)と出てきていますね。

-----------------------------------------------------

【おさらい編】

過去に hat を使った英語表現を二つご紹介しました。

20160428hat1.jpg
wear many hats2010年11月14日の記事

-----------------------------

20160428hat2.jpg
at a drop of a hat2012年1月16日の記事

-----------------------------------------------------


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

英語学習にもおすすめ

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

最近の記事.gif

カテゴリー

月別アーカイブ

運営メルマガ

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

味わい深い映画のセリフを素材に、英文法をわかりやすく解説します。1年(365日)完結型のメール講座(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

『CNN ENGLISH EXPRESS』
(朝日出版社)
イディオム特集で
記事執筆を担当しました。

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲