• ブログのトップ
  • はじめに
  • 英語表現一覧
  • プロフィール
  • お問い合わせ

【イラスト英語】spread one's wings(自分の力を試してみる)

2016.02.29 Monday
i0212.jpg

今日ご紹介する英語表現は、spread one's wings(自分の力を試してみる)です。

文字通りの意味は、「翼を広げる」ですね。

この素敵な英語表現が出てきたのは、アン・ハサウェイ主演の映画 Passengers(2008年/邦題:パッセンジャーズ)を見ていたときのこと。



アン・ハサウェイ演じる、主人公のクレアが隣人から言われるセリフです。次のように登場しました。
 

Spread your wings. Life's a moment.
(自分の力を試してみるの。人生は一瞬よ)


「人生は一瞬・・・ああ、本当にそうだな・・・」と、うなずきながらセリフを噛みしめました。と同時に、Spread your wings. の表現に興味を持ちました。

Spread your wings. 翼を広げる・・・とは一体?」

辞書で調べてみたところ、この表現は「自分の力を試してみる」という意味なのですね! さて、英英辞典では、どのように紹介されているでしょうか。

-----------------------------------------------------

Oxford Dictionaries Online では spread your wings の項目で
to use ​your ​abilities for the first ​time in ​your ​life to do new and ​exciting things
例:She'd been ​working for the same ​company for 15 ​years and it was ​time to ​leave and spread her ​wings.
(彼女は同一企業に15年間勤務しており、退職して自分の力を試すべき時だったのである)
・・・と紹介していました。

自分の力を使って、人生初の新しいことやワクワクすることを行う、という意味なのですね。

また、Macmillan Dictionary では spread/stretch/try your wings の項目で
to start to do new and interesting things that you have not done before
例:It’s time for him to leave home and stretch his wings.
(彼にとってはね、家を出て、自分の力を試してみるべきときだよ)
・・・と紹介しています。

人生でこれまで未体験の、新しいことや面白いことを始める、という意味でもあるのですね。さらに、動詞は spread だけでなく、stretch try も使えることがわかります。

では、英語圏のメディアでは、どのように使われているのでしょうか。一つ、例をご紹介しますね。

-----------------------------------------------------

【例】Forbes(フォーブス)

Big Companies Must Embrace Intrapreneurship To Survive
(出典:Forbes / 2016年2月18日のオンライン記事)

記事の後半に、次のように出てきます。
 

If you are an employee inside a big company, good luck finding a company that is going to let you spread your wings.


a company that is going to let you spread your wings(自分の力を試させてくれる会社)とありますね。

-----------------------------------------------------

spread one's wings という表現からは、翼を広げて、今まさに羽ばたかんとする女性を想像しました。何とも希望に満ちた、素敵な表現だなと思います。

-----------------------------------------------------


コメント
はじめまして。Takaと申します。

1ヶ月ほど前に、幸運にもこのblogと出逢い拝見させて頂いております。
spread one’s wings もとても勉強になりました。有り難うございます。

私の方は5年前英検を終えてから、本格的にあらゆる方面から語彙を集め続けておりまして、その一つ、英字新聞も毎日1万語を10年続けています。
今日は、新聞から mind over matter 気力で乗り越えるわ、 と言う映画表現を学びました。 英語の表現って道のりが果てしなく長いです。ネイティブ英語表現の書籍やNHKテキストなど、月10冊のベースでこなしていますが、いつになったら落ち着くのか先が見えません。とくに、松本道弘先生や、遠山顕先生、杉田敏先生、関谷英里子先生の書籍に凝っています

清華さんのblogを励みに頑張って行きたいと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。
  • Taka
  • 2016/03/19 2:39 AM
ちなみに私のプロフィールですが、
本職は管理薬剤師で、中高各教科塾の講師もしています。
ノーベル賞受賞者などの世界の著名人の論文を読んだり、映画の表現を集めたり、英字新聞を読んだり、古本などでも英語の題材を片っ端から集めたり、ネットからの収集など、とにかく知らない単語や表現、また会話に使える表現を集めるのが趣味です。

これからも、学習の孤独とマンネリ化に負けず、突き抜ける?まで続けたいです。
  • Taka
  • 2016/03/19 3:00 AM
Taka様

このたびは数あるブログの中から、このイラスト英語ブログを見つけてくださり、ありがとうございます。

日々、精力的に英語に取り組まれていらっしゃるのですね!

私も映画やメディアの記事で知らない英語表現に出合うと、「これをイラスト化してブログで紹介したい!」と常に思うのですが、勉強というよりも趣味に近い気がします。

ブログが少しでもお役に立てば幸いです。
  • 岩崎清華
  • 2016/03/23 3:41 PM
清華 様

 英語で仕事をされておられるなんて、プロですごいと思います。

 いえいえ、イラストもプロすぎて、すごい趣味?だと思います。

 私なんて、気に入ったら同じ本を15冊とか購入したりします。もちろん英語。コレクター趣味?いや生徒への謹呈用。

 イデオムのご執筆をご担当されたとのことで、このブログでご紹介の『CNN ENGLISH EXPRESS』2014年1月号を、今日購入させて頂きました。

 手元に届くのが楽しみです。ビジネス関係の表現や、イデオムや句動詞も好きなので、頑張って読みたいです。

 ご紹介ありがとうございます。

 
  • Taka
  • 2016/03/27 11:34 PM
Takaさま

ご返信ありがとうございます。

イラストは、たたき台となる下書きは私が描いているのですが、実際に描いてくれているのは妹です。(^.^)

このイラスト英語ブログは2009年の当初から、「イラスト担当の妹との二人三脚ブログ」として始めたものでして、この方針はこれからも守っていきたいと考えております。

『CNN ENGLISH EXPRESS』のバックナンバーを注文してくださったのですね!ご購入ありがとうございます。少しでもお役に立てば幸いです。
  • 岩崎清華
  • 2016/03/28 9:34 AM
清華 様

バッグナンバー読破しました! CNN ENGLISHの書籍は実に十数年ぶりでしたが、新鮮で興味深く、スピーキング用の抽出に時間を要しました。リスニングもヘビーローテーションしました。
91頁の I’m cautiously optimistic.と言う表現は、感動ものでした。シンプルでかつ含蓄のある表現との遭遇。だから英語はやめられない(笑)
ご執筆の 『動物イディム』 拝見しました! 知る人ぞ知る paper tigerに嬉しくなりつつも the elephant in the roomや sow dragon’s teethにおののきました。 また、語源まで解説付きだなんて感動的でした。大いに役立ちましたよ。ご紹介有り難うございました。ただ、人によりけりとは思いますが、ネイティブなら常識なのか?それが知りたい気がしています。
また一呼吸してバッグナンバー購入させて下さい。

ではでは、イラストも楽しみにしております。





  • Taka
  • 2016/04/07 12:44 AM
清華 様

 『CNN ENGLISH EXPRESS』2014年1月号で、清華さんご執筆の『動物イデオム』ですが、干支のイラストも愛らしく、内容も素晴らしいので、先見という意味合いで、うちの塾の高校生の生徒にも教材として使わせていただけたらと思っております。

 ここまで完備された動物表現集は初めてです。
ありがとうございます。

『CNN ENGLISH EXPRESS 』
2013年8月号「体」イディオムの方も、このブログから注文させて頂きました。他にご執筆の『食べ物イデオム』の方も気になりますが、今から手元に届くのが楽しみです。
  • Taka
  • 2016/04/07 7:26 PM
Takaさま

『CNN ENGLISH EXPRESS』のイディオム特集の記事を読み込んでくださり、ありがとうございます。

干支のイラストは、編集部のかたがプロのイラストレーターさんに依頼してくださったものです。(ほかの号でも同様です)

「動物」はイラスト化が難しいと思うのですが、プロの方が可愛らしく、かつ的確に描いてくださり、私も嬉しかったです。

「体」イディオムの号まで注文してくださって、ありがとうございます!こちらの号も、お役に立てば幸いです。
  • 岩崎清華
  • 2016/04/08 6:08 PM
清華 様

干支や動物のイラスト化は、たしかに難しいと想像いたします。今回のようにぴったりのイラストがあるとイメージが残り、楽しいなぁと思いました。

…昨日手元に届いた『CNN ENGLISH EXPRESS』(2013年8月号バッグナンバー)ですが、わくわくしながら2時間ほどで、速読とチェックを行いました。このブログを知らなかったら、絶対に有り得なかったことで、有益な体験を今回もまたさせて頂き、御礼申し上げます。

ご執筆の『体』にまつわるイディオム、非常に勉強になりました。
とくに、○keep one’s finger on the pulse. ○shoot oneself in the foot.のイディオムとの初めての出合いに、衝撃と感動を頂きました!
イラストも付いているので、頭にイメージが残りやすいですね。早速使って行きたいと思います。

そして、本誌84ページのjump the shark→(俗)ピークを過ぎる、やり過ぎてダメになる。というイディオムと、その語源(1990代後半より使用)にも、舌を巻きました。
さらに、本誌92ページ、スタンフォード大学のケリー・マクゴニガル講師、Remember the Whyのメッセージにも感銘を受けました。英語学習者の孤独に、安心感と勇気を頂きました。ケリーさんの日本語書籍は2冊ほど所有しておりますが、今度は論文も読んでみたいと思います。

すみません。なぜか長い感想文になってしまいましたが、取り急ぎ上、ご報告と感謝まで。

『食べ物』にまつわるイディオムのバッグナンバーにもチャレンジしたいです。

  • taka
  • 2016/04/10 9:32 PM
Takaさま

8月号も読んでくださり、ありがとうございます!jump the shark は私もこれまで知らなかったイディオムです。TV番組に由来するとは、面白いですよね。

『CNN ENGLISH EXPRESS』は読みごたえのある記事が多くて、私もこの8月号で初めて知った事柄がたくさんありました。

ブログをきっかけに、CNNEEのイディオム特集記事まで取り寄せて読んでくださって、本当にありがとうございます!
  • 岩崎清華
  • 2016/04/11 12:35 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

英語学習にもおすすめ

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

最近の記事.gif

カテゴリー

月別アーカイブ

運営メルマガ

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

味わい深い映画のセリフを素材に、英文法をわかりやすく解説します。1年(365日)完結型のメール講座(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

『CNN ENGLISH EXPRESS』
(朝日出版社)
イディオム特集で
記事執筆を担当しました。

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲