• ブログのトップ
  • はじめに
  • 英語表現一覧
  • プロフィール
  • お問い合わせ

【イラスト英語】a bad apple([集団の中で悪影響を及ぼす]困り者)

2015.05.28 Thursday
i0203.jpg

今日ご紹介する英語表現は、a bad apple([集団の中で悪影響を及ぼす]困り者)です。

文字通りの意味は「腐ったリンゴ」ですね。リンゴ汗

My Stepmother Is an Alien(1988年公開/邦題『花嫁はエイリアン 』) という映画を見ていたときのこと、"I'm a bad apple." というセリフが出てきました。主人公の科学者スティーヴのセリフなのですが、「ん?リンゴ?」と不思議に思いました。実は、a bad apple は比喩的に使われていたのです!

-----------------------------------------------------

Merriam-Webster's Learner's Dictionary では、a bad [rotten] apple の項目で
In figurative use, a bad apple or rotten apple is a bad member of a group who causes problems for the rest of the group.
例1:A few bad apples cheated on the test, and now everyone has to take the test again.
(数人のあくどい学生がテストでカンニングをしたせいで、全員がテストをもう一度受けなきゃならない)
例2:One rotten apple ruined the day for the rest of us.
(一人の困ったちゃんのせいで、僕たち全員の一日が台無しになったんだ)
・・・と紹介していました。

定義に a bad member of a group who causes problems for the rest of the group とあります。「集団の中で周りに迷惑をかけるようなメンバー」のことを指すわけですね。さらに、形容詞には bad だけでなく rotten も使われることがわかります。

Collins English Dictionary では bad apple or rotten apple の項目で
(especially US) a person who is corrupt or wicked
例:It is hoped the inquiry will pick out the bad apples in the police force.
(取り調べで警察の中に潜む悪者を見つけ出すことが期待されている)
・・・と紹介していました。

定義を見ると、especially US とあるので、とりわけアメリカで使われる表現なのですね。

では、英語圏のメディアでは、どのように使われているのでしょうか。一つ、例をご紹介します。

-----------------------------------------------------

【例】The Financial Times(フィナンシャル・タイムズ)

City of London ‘black book’ is called for to track ‘bad apple’ traders
(出典:Financial Times / 2015年2月19日のオンライン記事)
*black book とは、日本語で言うところの「ブラックリスト」のことです。

最初のパラグラフに次のように出てきています。

Financial institutions need a private forum to share information about traders who break rules, in order to prevent “bad apples” moving from one firm to another, a group of industry specialists will tell the Bank of England on Friday.

in order to prevent “bad apples” moving from one firm to another(「困り者」が会社を転々とするのを回避するために)とありますね。

*ここでの bad apples は、traders who break rules のことを比喩的に表現しています。

-----------------------------------------------------

リンゴはそれほど腐りやすい果物と思えないので、この a bad [rotten] apple のイディオムは意外でした。

腐って周りに悪影響を及ぼす果物」といえば、真っ先に思い浮かぶのがミカン。

ミカンを一箱買って、しばらくすると、箱の下のほうにあるミカンが腐りかけていることがありますよね。腐ってしまったミカン(=張本人)の周りのミカンも、かすかに腐りかけていて、「ギョッ!」とすることが毎年1回はあります・・・。ミカン汗

「腐ったミカン」といえば、金八先生のドラマに登場したセリフです。

昔なつかしのTVドラマ名場面を特集している番組で、『3年B組金八先生』が取り上げられているのを見たことがあります。第2シリーズで出てくる名セリフ「オレたちは腐ったミカンなんかじゃねえ!」「われわれはミカンや機械を作っているんじゃないんです。われわれは人間を作っているんです!」をご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回調べてみたら、これらのセリフが出てくる回は「腐ったミカンの方程式」と名付けられているようです。
『3年B組金八先生』第2シリーズ紹介文(TBSチャンネル)

この「腐ったミカン」の定義が、a bad [rotten] apple の定義に非常によく似ているのです。weblio の実用日本語表現辞典の定義がわかりやすかったので、紹介させていただきます。
 

1980年から1981年にかけて放送された、ドラマ「3年B組金八先生」の第2シリーズで教師役の武田鉄矢が不良少年の悪影響を例えて言った言葉。箱の中に一つの腐ったミカンがあると、他のみかんにも腐敗が広まることから、一人の不良少年がクラス全体に悪影響を与えることを表現したもの。「腐ったみかんの方程式」ともいう。

出典:weblio 実用日本語表現辞典「腐ったみかん」の項目


英語圏で紹介されるとしたら、きっと「腐ったリンゴの方程式」に置き換わるのでしょうね。汗

-----------------------------------------------------

【おさらい】リンゴ

過去に apple にちなんだイディオムを3つご紹介しました。おさらいとして、こちらでも★

20150528apple1.jpg
リンゴcompare apples and oranges(比較にならないものを比較する)
 2012年2月12日の記事

20150528apple2.jpg
リンゴapple of discord(争いの種)
 2011年11月19日の記事

20150528apple3.jpg
リンゴthe apple of one's eye (とっても愛しい人・存在)
 2009年11月25日の記事

-----------------------------------------------------


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/06/01 5:49 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

英語学習にもおすすめ

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

最近の記事.gif

カテゴリー

月別アーカイブ

運営メルマガ

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

味わい深い映画のセリフを素材に、英文法をわかりやすく解説します。1年(365日)完結型のメール講座(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

『CNN ENGLISH EXPRESS』
(朝日出版社)
イディオム特集で
記事執筆を担当しました。

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲