• ブログのトップ
  • はじめに
  • 英語表現一覧
  • プロフィール
  • お問い合わせ

【イラスト英語】full of beans(元気いっぱいで)

2012.03.10 Saturday
i0119.jpg

今日ご紹介する英語表現は、full of beans(元気いっぱいで)です。

文字通りの意味は、「豆がいっぱいで」ですね。

--------------------------------------------------------

Merriam-Webster's Learner's Dictionary では、full of beans の項目で
informal
[1] full of energy and life

例1:We were young and full of beans.
(私たちは若くて元気いっぱいだった)
例2:Although she's much older now, she's still full of beans.
(彼女は今では相当年を重ねたが、元気はつらつだ)
[2] US : not correct or truthful : full of nonsense
例:If that's what he's been saying, then he's full of beans.
(もしそれが彼が言い続けていることなら、彼は間違っている)
・・・と紹介していました。

informal な表現とあります。[1]だけでなく、アメリカ英語では[2]の意味もあることが興味深いですね。

さらに、Cambridge Dictionaries Online では、be full of beans の項目で
informal
to have a lot of energy and enthusiasm

例:I've never known anyone be so full of beans before breakfast.
(朝食前にこんなに元気のいい人は知らないよ)
・・・をありました。

では、メディアではどのように使われているでしょうか?3つの例をご紹介します。

--------------------------------------------------------

【例1】イギリスの雑誌 Management Today のオンライン版

Whitbread brews up 10,000 new jobs
出典:Management Today / 2012年2月28日
*Whitbread とは、カフェ Costa Coffee などの親会社。

記事の第2段落目に、次の英文があります。

Despite the downturn, Whitbread seems to be full of beans: the company said like-for-like sales rose by 1.8% in the 11 weeks to mid-February – although that’s a bit slower than the 2.4% growth it saw in its previous quarter.

Whitbread seems to be full of beans. (ウィットブレッド社は元気でいっぱいのようだ)とあります。

カフェを運営する企業のことを指して、full of beans を使っているのは、coffee beans(コーヒー豆)とかけて使っているのかもしれません。面白いですね☆

--------------------------------------------------------

【例2】ニュージーランドのメディア The New Zealand Herald のオンライン版

Multisport: No one able to keep up
出典:The New Zealand Herald / 2012年2月12日

記事の最後から2番目の段落に、次の英文があります。

Among the women, North Shore youngster Toni Keeling (20) seemed full of beans as she emerged from the mountains in 21st overall and 2m 26s ahead of her nearest challenger, Koleighne Ford of Christchurch.

Toni Keeling (20) seemed full of beans (20歳のトニ・キーリングは元気でいっぱいのようだった)とあります。

ここでは、人の元気な様子を指して使っていますね。

--------------------------------------------------------

【例3】イギリスの新聞 The Guardian のオンライン記事

David Pipe will take Grands Crus Gold Cup decision a week before race
出典: The Guardian / 2012年2月21日

記事本文の下に、馬の紹介があるのですが、DYNASTE という馬の箇所にご注目を。紹介文の中盤に次の一文があります。

It was all roads leading to the World Hurdle after that, we've freshened him up and he's full of beans.

ここでは馬に対して、he's full of beans. (彼は元気いっぱいだ)と使われています。

--------------------------------------------------------

今日は3つの例をご紹介しました。企業・人間・馬・・・といろいろなものを対象に使われるのが、面白いですね☆

リサーチの途中で、金沢に Full of Beans ( http://www.fullofbeans.jp/ )という古民家カフェがあることを知りました。サイトを拝見したところ、「お客様や地元の人を元気に!」という願いが込められたカフェで、まさに full of beans の英語表現が活きています。金沢を訪れたときに、立ち寄ってみたくなりました。

--------------------------------------------------------


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

英語学習にもおすすめ

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

最近の記事.gif

カテゴリー

月別アーカイブ

運営メルマガ

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

味わい深い映画のセリフを素材に、英文法をわかりやすく解説します。1年(365日)完結型のメール講座(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

『CNN ENGLISH EXPRESS』
(朝日出版社)
イディオム特集で
記事執筆を担当しました。

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲