• ブログのトップ
  • はじめに
  • 英語表現一覧
  • プロフィール
  • お問い合わせ

【イラスト英語】at the drop of a hat(すぐさま;ためらわずに)

2012.01.16 Monday
i0114.jpg

今日ご紹介する英語表現は、at the drop of a hat(すぐさま;ためらわずに)です。

文字通りの意味は、「帽子が落ちて」ですね。

--------------------------------------------------------

Macmillan Dictionary では、
immediately, or in a way that shows that you have no doubts about doing something
例:You can’t just resign at the drop of a hat.
(すぐさま退職することはできませんよ)
・・・と紹介していました。

Merriam-Webster's Learner's Dictionary では、
very quickly and immediately
例1:He says he's ready to help us at the drop of a hat.
(彼はすぐに私たちを助ける準備があると言う)
例2:She loses her temper at the drop of a hat.
(彼女はすぐにカッとなる)
・・・と紹介しています。

では、メディアではどのように使われているでしょうか?二つのケースをご紹介します。

--------------------------------------------------------

まずは、The New York Times のオンライン記事です。Broadway のショーに出演中の Condola Rashad (コンドラ・ラシャド)という役者の発言で使われています。

"You know how there’s always the one girl in drama school who can cry at the drop of a hat? She has that emotional well she can tap into in a second? I’m not that girl. It takes a lot to get me to that place."
A Newcomer Is Showing Her Comfort Among Stars
出典:The New York Times / 2012年1月4日の記事

ここでは、cry at the drop of a hat (すぐ泣く)と、cry とセットで使われていますね。

--------------------------------------------------------

続いて、イギリスの新聞 The Guardian (ガーディアン)より、スコットランド独立についての記事です。

"I would leave England at the drop of a hat; always have thought that. I don't class myself as British. I'm Scottish," she says.
Scottish independence: Bannockburn divided on everything except the euro
出典:The Guardian / 2012年1月13日の記事

ここでは、leave England at the drop of a hat (すぐさまイングランドを去る)とあります。

[補足]Bannockburn(バノックバーン)とは地名です。どんな意味合いを持つ街かは、goo!辞書のサイトが参考になります。
→ 英国スコットランド中部の都市スターリング南郊の村。ロバート1世率いるスコットランド軍が、エドワード2世のイングランド軍を破り独立を勝ち取った、13世紀の「バノックバーンの戦い」の舞台として知られる。スコットランド独立の経緯を紹介する資料館がある。
出典:goo!辞書「バノックバーン」の項目

--------------------------------------------------------

英語には、hat にちなんだ英語表現が今回の at the drop of a hat 以外にもいろいろあります。一年ほど前にご紹介した、wear many hats (いくつもの役割を担う;多彩な顔を持つ)もその一つです☆

20120116hats.jpg
2010年11月14日の記事

--------------------------------------------------------

【復習編】

先週末、映画 Spanglish (邦題:スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと)や、Hitch (邦題:最後の恋をはじめ方)のDVDを借りて鑑賞しました。これまでブログでご紹介した英語表現がたくさん出てきましたので、復習編としてご紹介しますね。

----------------------

まずは、アダム・サンドラー主演の『スパングリッシュ』より。

20120116page.jpg
セリフ1 "When it comes to the kids, John, we got to stay on the same page!"
セリフ2 "We gotta be on the same page. That is the most important thing."

2010年5月3日の記事

----------------------

20120116firsthand.jpg
セリフ "To someone with first-hand knowledge of Latin macho he seemed to have the emotion of a Mexican woman."
2010年5月30日の記事

----------------------

20120116sleep.jpg
セリフ "This was written in anger. Will you hold on? Sleep on it. Just sleep on it."
2011年11月28日の記事

----------------------

続いて、ウィル・スミス主演の『最後の恋のはじめ方』より。

20120116breath.jpg
セリフ "Life is not the amount of breaths you take. It's the moments that take your breath away."
2010年2月1日の記事

----------------------

20120116record.jpg
セリフ "This is off the record."
2010年12月5日の記事

『最後の恋のはじめ方』に出てきたセリフ、"Life is not the amount of breaths you take. It's the moments that take your breath away." はすごく素敵で、大好きです☆

--------------------------------------------------------


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

英語学習にもおすすめ

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

最近の記事.gif

カテゴリー

月別アーカイブ

運営メルマガ

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

味わい深い映画のセリフを素材に、英文法をわかりやすく解説します。1年(365日)完結型のメール講座(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

『CNN ENGLISH EXPRESS』
(朝日出版社)
イディオム特集で
記事執筆を担当しました。

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲