• ブログのトップ
  • はじめに
  • 英語表現一覧
  • プロフィール
  • お問い合わせ

【イラスト英語】see the light of day(日の目を見る;世に出る)

2012.01.12 Thursday
i0113.jpg

今日ご紹介する英語表現は、see the light of day(日の目を見る;世に出る)です。

文字通りの意味は「日の光を見る」ですね。

------------------------------------------------------------------

Merriam-Webster Online Dictionary では、
to become publicly known or available (as through publication)
例:manuscripts that will never see the light of day
(決して日の目を見ないであろう原稿)
・・・と紹介していました。

Longman English Dictionary Online では、
(a)if an object sees the light of day, it is taken from the place where it has been hidden, and becomes publicly known
例:Some of these documents will probably never see the light of day.
(これらの書類の中には、決して日の目を見ないものもあろう)
(b)if a law, decision etc sees the light of day, it comes into existence for the first time
・・・と2つの定義を紹介しています。

また、Oxford Dictionaries Online では、
be born; begin to exist or to become publicly known or available
例:This software first saw the light of day back in 1993.
(このソフトウェアが最初に日の目を見たのは1993年であった)
・・・と紹介しています。

これらの例文を見ると、原稿や書類、商品などとセットで使われていることが分かります。

------------------------------------------------------------------

では、メディアでは、どのように使われているでしょうか?

一例として、イギリスの Financial Times (フィナンシャル・タイムズ)紙のオンライン記事で使われていたケースをご紹介します。

"We want this tax to see the light of day. France will not be isolated," he said.

Sarkozy refuses to drop financial tax proposal
出典:Financial Times / 2012年1月10日記事
*François Baroin(フランソワ・バロワン)経済・財務・産業大臣の発言。
*ここでは、tax (税) が引き合いに出されています。

さらに別の例もご紹介します。アメリカの経済誌 Forbes (フォーブス)のオンライン記事です。

"Last year, more than 100 tablets were announced and shared. During an event for a major newspaper, I was asked to make a prediction from last year’s CES. My answer? That most of the 100 tablets announced would never see the light of day."

3 Innovations That Will Be Over-Hyped At CES
出典:Forbes / 2012年1月9日記事
*ここでは、tablets(タブレット)が引き合いに出されています。

------------------------------------------------------------------

英語では see the light of daylight(光)が使われますが、日本語では「日の目を見る」のように、「日の目」という表現をしますよね。英語圏と日本語圏で、似たような概念があるのが興味深いです。

長い冬の間、雪の下に埋もれていたタネが、春になって芽を出し太陽の光をいっぱい浴びるように、仕事も何事も、see the light of day を目指して、日々のコツコツを積み重ねたいと思います。

------------------------------------------------------------------

【新年のご挨拶】

皆さま、あけましておめでとうございます。2012年が始まりましたね。新年第一弾のエントリーは、個人的に好きで、かつ、希望が感じられる英語表現を選んでみました。

2012年も本ブログ「イラストで学ぶ!英語表現」が、皆さまの「ビジュアルを活用した英語学習」の一助となれば、とても嬉しいです。

イラストを担当してくれている妹と二人三脚で、数々の英語表現をお届けしますね☆
(*はじめての方へ:本ブログのイラストは、ラフは私が描き、妹がPCで仕上げてくれています)

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------------------


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

英語学習にもおすすめ

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

最近の記事.gif

カテゴリー

月別アーカイブ

運営メルマガ

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

味わい深い映画のセリフを素材に、英文法をわかりやすく解説します。1年(365日)完結型のメール講座(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

『CNN ENGLISH EXPRESS』
(朝日出版社)
イディオム特集で
記事執筆を担当しました。

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲